山手線めぐり

通勤ラッシュのピーク

山手線を利用する人々

通勤ラッシュのピーク

日本は全国的に朝の通勤ラッシュは大変ですが、どの路線、どの駅どの時間帯でも混み方が同じというわけではありません。どの電車でも大量に乗客が降りる駅があって、その先は案外空いているという電車もかなりあります。逆に大量の乗客が乗り込む駅はほんとうに大変ですね。
山手線では上野から御徒町までの区間が最も混む区間なのだそうです。上野は大量の乗客が乗り込む駅、御徒町駅は都営大江戸線への乗り換えで降りる乗客が多い駅なのだそうです。最も混む上野から御徒町までの区間では混雑率は2014年調査で197%で、東京で第2位の混雑率だそうです。混雑率とは定員に対する乗客数の割合を言います。なお、第1位は東京地下鉄東西線の木場から門前仲町までの区間で混雑率200%です。1位・2位ともに時間帯は午前7時50分から8時50分の1時間です。
この時間帯で通勤している方は、自分が最高に混んでいる時間帯に電車に乗っていることを認識して、少し通勤の時間をずらした方が楽になると思いますよ。

2016/07/04 01:51:54